2006年02月10日

検疫期間、通常に戻る

ドバイ行くカネヒキリ!世界挑戦正式表明
 〔日刊スポーツ〕

 ドバイ参加の最大のネックとなっていた『検疫期間』。2004年にドバイで鼻疽が発生し、それ以来着地検疫期間が3ヶ月に延長されていました。3ヶ月も放牧しなければならないということになれば、帰国後のローテーションにも大きな影響が出るため、出走が危ぶまれていました。しかしこの度、着地検疫期間が通常の3週間に戻ったため、出走予定の各馬が参加を表明。良かった良かった。



posted by みやっち at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。